山林所得に対する課税方法

山林所得に対する課税方法は、他の所得と区別して税金を計算する分離課税方式です。

長期間にわたり育てた山林を売却するにあたって税額があまりかからないよう、「分離5分5乗課税方式」がとられています。

山林所得とは、総収入金額から必要経費と各種控除額を差し引いた金額です。

1.総収入金額 : 山林を譲渡して得た売上金額が収入金額となります。
なお、山林を伐採して自分の家を建築するなど、自家消費した場合には、消費した時の時価が収入として計算されます。また、果樹園を売却した場合、果樹は山林にはあたらないため、山林所得ではなく譲渡所得となります。

2.必要経費 : 必要経費とは、売却した山林の取得費や管理費など、取得から売却までにかかった費用の累計です。経費には、取得費(植林のための費用も含む)、育成費(下刈のための費用も含む)、維持管理のために必要な管理費、伐採費や搬出費、仲介手数料などの譲渡費用があります。

3.概算経費控除 : 15年前の12月31日よりも前から所有していた山林を伐採したり譲渡したりした場合には、収入金額から譲渡費用を引いた金額の50%に、さらに譲渡費用をプラスした金額を必要経費として控除することができます。

4.森林計画特別控除 : 森林経営計画にのっとり、山林を伐採または譲渡した際には、次のイとロの金額のうちいずれか低い方の金額が控除されます。(「概算経費率」による方法によって必要経費を計算した場合にはイの金額)が控除されます。
イ 収入金額基準
(特例の適用がある山林の収入金額-譲渡費用)=A
(1)Aの金額が2,000万円以下のとき  A×20%
(2)Aの金額が2,000万円を超えるとき A×10%+200万円
ロ 所得基準額
(A-譲渡費用)×50%-(Aに対応する部分の必要経費-譲渡費用) 

山林所得

山林所得は、山林(立木)を伐採して譲渡したり、立木のままで譲渡することによって生ずる所得をいいます。これは、所得税における課税所得の区分の一つで、課税方法については「申告分離課税」となります。また、所得とは、税法用語の一つで、課税される収入から必要経費を差し引いた後の「税法上の利益」を意味します。

なお、山林を取得してから5年以内に伐採または譲渡した場合は、山林所得ではなく事業所得か雑所得になり、また山林を山ごと譲渡する場合の土地の部分は譲渡所得になります。

> 山林バンク 山林売買山林情報総合サイト

綺麗に整備された物件、場所、環境。

綺麗に整備された物件、場所、環境。それを見ていくうちに、元々の自分の理想が薄れていってしまいます。それは私たち利用者側の必然的な心理状況なのです。物件だけでなく何らかの新しい物を手に入れる場合でも同じ。それを手に入れてどんな変化が見られるのか、期待感が生まれるのは当たり前。どれもよく見えてしまうのです。しっかりと本来の希望を見失わせない、親身な不動産屋であれば言う事はないですね。大好きなルイヴィトンの財布、ずっと使っていたものだったのですが今回新しいものをプレゼント頂いたので、売ることにしました。そのまま持っていてもホコリを被るだけになるのだと思うともったいないと思ったからです。いいものをそのままにしておくというのは、あまりいいこととはいえません。大事に使っていてまだまだ全然きれいな状態だったため、買取業者の鑑定士の方もすごくほめてくれました。査定価格も私が思っていた以上に高い価格で私も大満足する事ができました。やっぱりきれいにものを使うということはいいことです。すぐに汚してしまったり、傷つけてしまってはブランド買取業者に頼んでも買い取ってくれないこともあります。そのためにもどんなものでも大切に使うことが大事です。特に今回の財布のように日常的に使うものは特に汚れやすいので、注意が必要です。

> 山林バンク 山林売買山林情報総合サイト